1. >
  2. >
  3. 医学部の受験

医学部で学べること

a1180_016598医学部で学べることは、医師の資格を取得するために必要な知識や技能です。
その知識や技能を習得するために勉強ができます。

将来、医者になりたいという方は医学部へ進みます。
医療関連の資格の多くは、難関の国家試験です。
国家試験の受験資格を得るには、養成課程として指定されている大学や専門学校で、既定の科目を修了することが必要です。

医者になるには、国家試験の受験資格が取得できる学校に入らなければいけません。
また、医者を目指すためには、既定の6年生大学を卒業することが条件となっています。

医学部で学ぶことのできる内容は、解剖学、生理学、人体病理学などの基礎医学や、治療に関する専門研究を行う臨床医学などです。
医療保険関係では、技術の習得が大きな目標であり、実習時間が長いことが特徴です。

医学部の受験傾向と勉強方法

医者になるために必ず通わなければならない大学の医学部ですが、入学することはどのくらい難しいのでしょうか。
漠然と「医学部」と聞けば、天才じゃなければ入ることができない、医者になるにはお金が必要だなんて考える方が多いでしょう。

実は、医学部は偏差値60程度でも入ることができます。
自治医科系の大学、産業医科系の大学では、学費免除で医者になれる大学もあります。
医者は、医学部で学べば誰でもなれるのです。

ただし、医者という職業は、就職先が決まっても永遠に勉強しなければいけない分野ですから、常に学ぶことができる人が向いているでしょう。

医学部受験を考えている方は、「医学部はレベルの高い分野だ」ということを知っておいてください。
例外なく、どの大学でも偏差値60程度は必要です。

医学部合格に必要な勉強時間は、約5000時間にもなると言われており、税理士や弁護士などと同じように、勉強量が必要不可欠となります。
東京大学では偏差値80、慶応大学は75、近畿大学では65程度となっており、必ず偏差値60以上は必要です。

それだけの勉強量と勉強時間を確保するためには、予備校などへ通って勉強されることをおすすめします。
予備校選びはとても大切です。
選んだ予備校によって、合格か不合格が決まると言っても過言ではありません。
医学部を目指す学生はほとんどの方が予備校に通っています。

おすすめの大学

医学部最高峰と言われる大学は、京都大学です。
東京大学理科三類も、医学部は高いレベルにあります。

偏差値は80程度必要で、その他には神戸大学や大阪大学、千葉大学や東北大学などが偏差値70程度でそれに続きます。
トップレベルの医学部では、いずれも早稲田や京王に合格するのと同じくらいの学力が必要です。

防衛医科大学や琉球大学、広島大学なども医学部が有名です。
偏差値は、各大手予備校が発表しているデータによって異なりますから、予備校サイトでチェックしてみると良いでしょう。

Comments are closed.

Post Navigation