1. >
  2. 学部を決めよう

農学部では何が学べる?

農学部では、農業に関連する学問理論や応用までを学びます。
近年の農学部では、農業についてだけではなく、生命についての現象を研究しているところが多いでしょう。

大学によっては、分野が異なります。
おおまかに言えば、森林、環境、農業経済、食品化学、脳表工学などの分野に分かれています。

農学部では、獣医学や水産学、細胞生物学などの研究を行うこともあります。
細胞の仕組みを解明すると、農作物の改良ができるといった研究を行いますが、理学部では細胞の仕組みがどうなっているのか?という勉強をします。
農学部と理学部の違いは、この考え方です。

何を研究したいのか、どんな分野で活躍したいのかが決まっていれば、大学も選びやすいでしょう。
学部によっては、全く研究をする意義が異なります。

農学部出身だからといっても、研究ばかりしているわけではありません。
一般企業にも就職できますし、より専門的な分野で活躍できる就職先を探してみると良いでしょう。

でも大半は、研究を優先させたいという方がほとんどです。
大学院にいって、食品メーカーの研究開発に就職された方もいます。
農学部は、国公立から私立まで様々な大学であるので、調べてみると良いでしょう。

農学部の受験傾向と勉強方法

農学部といえば明治大学といっても過言ではないですが、一般入試では3年連続志望者が日本一位という倍率です。
農学部のある大学では、それぞれ学部ごとに入試傾向がかなり違います。

目指している農学部系大学があるのなら、過去問に取り組む以外にも基本的な入試対策を始めていきましょう。
過去問を解く際は、比較的解ける問題は時間配分に注意して、制限時間を設けて解けるようにしましょう。

難問や不得意な科目では何度も挑戦すること。
同じ過去問ばかりせず、数年分の過去問を解くことが大切です。

おすすめの大学

最難関レベルの農学部がある大学といえば、明治大学。
先端的な研究が進められていて、東京大学とのiPS細胞の共同研究なども行われています。

昔は農業経済学科でしたが、現在は食品環境政策学科に改称されています。
その他にも生命科学科などがあります。

明治大学の入試では、かなり難しい問題が入り混じっています。
入試の際には、どの問題から解くのかを見極めて、優先順位をつけて対策をしましょう。

法学部にて学べること

法学部で学ぶことは、法律、だけではありません。
六法全書をただ暗記するだけの退屈なところだと思っていませんか?

結論からいえば、法学部は「ルールを学ぶところ」ではなく、「ルールを使って社会を動かすことを学ぶ」ところです。
私たちの生活は、法で守られています。
それと共に、生活は法で規制されています。

この世の中は、ルールで動いているといっても過言ではありません。
そのルールを使って、動かす方法や動かし方を学ぶのです。

法学部では、法律がどのように使用されているのか。
裁判所ではどのように運営されているのかを学びます。
六法をはじめとしてもろもろの法律について学びます。

法学のルールは、「ひとりよがり」ではいけません。
現代社会はどんどん、グローバル化が進んでいます。
日本や東アジアなどの現実を踏まえて、世界を納得させるようなルールが必要です。

英語の学習ももちろんあります。
海外での短期研修や、交換留学などもあるでしょう。

将来は、弁護士や検察官、裁判官、司法書士、税理士などを目指している方がほとんどです。
法律に関しての専門的な知識を生かした資格を取得します。

法律学や政治学などの幅広い知識を学びます。
法学部生はいわゆる「将来の社会のルールを担う学生」なのです。

法学部の受験傾向と勉強方法

早稲田の法学部の場合だと、英語は読解問題が2問、文法に関する問題が3問、英作文が2問出題されています。
早稲田法学では、かなりの速読力が求められますし、自由英作文などの出題もあります。

主に、法学部では英語、国語の受験対策に取り組みましょう。
国語といっても、漢文や古文、現代文など幅広く出題されます。

大学によっては、それぞれ難易度が異なります。
その大学の出題傾向に合わせた対策をしていきましょう。

おすすめの大学

日本の大学で法学部に強いといえば、東京大学、京都大学、早稲田大学です。
京都大学に合格できる学力があれば、早稲田にも合格できますし、入試の難易度からいえば京都大学法学部のほうが圧倒的にハイレベルです。

早稲田大学は、京大法学部の3倍ほどの学生がいます。
合格率を見ると早稲田ほうが受かりやすいといえます。

女性弁護士を目指されている方は、慶應義塾大学をおすすめします。
法曹界では、慶應義塾がどんどん力を高めてきています。
企業法務の案件を扱う弁護士などは、慶應義塾出身という方も多いので、就職された卒業生の活躍を見ながら大学を選んでみてはいかがでしょうか。

文学部の勉強内容

文学といえば、「人間学」を中心に学びます。
様々な学問分野から、人間の文化についてアプローチします。

人間学が好きだという方にぴったりの分野であり、文学の他にも、地理学、哲学、心理学、史学などを学びます。
文学部の学科によって専攻がわかれています。

近年では、学問自体である学際化が進んでおり、論理学や宗教学、教育学、民俗学などの関連分野も学ぶことができます。
また、そんな分野を取り入れた学科も増えている傾向にあります。

学科や専攻によっては、学ぶ内容も授業も全く異なります。
たとえば、文学科で中心となっているのは、文学作品を読んだりレポートを書いたり。

心理学では、実験や実験結果の分析、レポートの作成などが中心となっています。
希望に合わせて志望校を選びましょう。

文学部の将来といえば多種多様です。
教員やカウンセラーなどの専門性の高い分野へ進む方もいれば、企業に進んで営業を行う方もいます。

人間と言うものが深く理解できる分野です。
将来なりたいものがあるのなら、それに合わせて大学を選んでみましょう。

文学部の受験傾向と勉強方法・入試対策

文学部では、ほとんど英語、国語、日本史、世界史と入試科目が課されています。
国公立大学では、ほとんどの場合全科目必要だと考えて、志望校に合わせた入試対策を取り入れていきましょう。

文学部は、あらゆる面から「人間」というものを追求する分野です。
合格した後も、社会人になっても学んでいく分野だといえます。

大学によっては、少人数制での教育に徹底しており、学科が一つになり文学部としてまとめられているところもあります。
そこで、大切なのは専攻したい分野に合わせた志望校選びです。
志望校が決まったら、過去問に取り組んで、その大学の入試傾向を見てみましょう。

おすすめの大学

早稲田大学の文学部は、文化構想学部と文学部が編成してできた学部です。
4年制でそれぞれ入試傾向や対策についてもいろんな予備校で紹介されている名門校です。
早稲田大学の文学部は、偏差値68と比較的ハイレベルで、その次に青山学院大学が続きます。

青山学院大学の偏差値は65程度です。
上智大学や立教大学の文学部も、偏差値が高い傾向にあります。

偏差値は関係ないと考えると、日本文学を学びたいのであれば大東文化大学などはどうでしょうか。
日本文学科があり、専門的な研究を行うことができます。

研究医

理学部で学べることは?

理学部の最終的な目標は、自然の理を解明することです。そのための勉強をしていきます。

自然科学の基礎科目や、社会人として必要な法学や経済学などの一般教養も学べる学部です。国際的な論文や、英語の学習も欠かせません。

理学部の場合は、3年次から研究室に入るケースが多く、研究を手伝いながら指導を受けます。卒業研究に取り組み、4年次には卒業論文を発表します。

理学部で大切なのは、良い先生の元で自分が興味関心のある分野で集中して研究に取り組めるかどうかです。特に先生の研究を手伝う際には、内容が自分の興味関心のあるものでなければいけませんから、気になる研究をされている大学を調べてみましょう。

就職先としてはメーカーや一般企業に入ることが多いでしょう。専攻分野によりますが、エンジニアになる人もいれば研究者になる人もおり様々です。

進学率がとても高く、求人は「修士以上」としているところも多いので、大学院への進学も視野に入れておきましょう。興味関心ある分野であれば、大学院に進み研究を極めてみてはいかがでしょうか。

理学部には、生物学系学科や、地学系、化学系、物理系、数学情報系などがあります。実験や、ゼミでの活動が多いので、とても楽しい学生ライフを過ごすことができますよ。

理学部の受験傾向と勉強方法

理学部に進むからといって、理系以外の学習を捨ててはいけません。

数学、物理学などは基本中の基本。

ですが、英語やその他歴史学なども大学で学びますから、受験の際にも手を抜いてはいけません。理学部は、医学部や薬学部よりも入りやすいと言われています。

勉強時間は、偏差値に合わせてスケジュールを組みましょう。理学部だからといって、何も特別な勉強をする必要はありません。志望校の過去問を解き、苦手をなくして受験に挑むよう勉強して下さい。

おすすめの大学

理学部系大学で最も偏差値の高い大学といえば、早稲田や東京理科大学、慶應義塾大学など。それぞれ、早稲田は先進理工学部、東京理科大学は理学部、慶應義塾大学は理工学部があります。

偏差値はいずれも65程度です。化学、生命科学、地球科学など、同じ理工学部でも学べることは異なります。

中堅偏差値で、50程度の理学部系大学は、名城大学や関西学院大学、立命館大学など。偏差値はいずれも50以上で、比較的他分野の理学が学べ、将来の就職率も高い大学となっています。

薬学部の勉強について

a0006_001790薬学部で学ぶことは、薬剤師資格の取得のための知識や技能です。
創薬関係の研究をするために必要な知識を勉強したり、医療関連の資格取得を目指して勉強します。

将来は、薬剤師になりたいという方が多いでしょう。
薬剤師の資格を取得するには、受験資格である養成課程を受ける必要があります。ちなみに、もちろん派遣として働く薬剤師も同様です。
規定の科目を修了することが必要で、その受験資格を取得できる学校に入学しなければいけません。

薬学部では、薬剤師を目指すための臨床系学科と、創薬研究などを行う創薬系学科が設置されています。
将来なりたいものに応じて、進学先を選ぶ必要があります。

薬学部の受験傾向と勉強方法

薬学部は、国立は定員募集も少なく、偏差値は医学部の次の高い傾向にあります。
私立の薬学大学では、合格しても卒業までに1200万円程度の学費がかかります。

薬剤師の国家試験は、3月に1度あるだけですから、敷居の高い学部だと言えるでしょう。
受験に関しては、薬学部は工学部よりも圧倒的に入るのが難しいと言われています。

レベルの高い大学では、4年制がメインとなっていますし、薬学より入るのが簡単な工学部へいけば、薬の研究に関して幅広い知識を習得できるとも言われています。

薬学といえば、理系だと考える方が多いでしょう。
ですが、近年のグローバル化に伴い、英語も重視している大学がたくさんあります。
第一志望に英語が必要なら、対策を早めに始めておきましょう。
大学受験傾向でよく言われているのは、英語は文法問題と長文が大半を占めるというもの。

長文は3割程度解けたら問題ありませんから文法読解に焦点を当てて、志望大学の過去問に取り組みましょう。
過去問は何度も同じものに挑戦するのではなく、数年分の過去問に挑戦して、他の薬学系大学の過去問にも少し目を通しておきましょう。

おすすめの大学

偏差値がさほど高くない薬学系大学といえば、城西国際大学薬学部。
偏差値は44程度で、学生中心主義を抱えている、面倒見の良い大学です。
横浜薬科大学も人気です。

ノーベル賞受賞学者が学長で、とても広いキャンパスに展望ラウンジがあるなど、学生生活も快適に過ごせそうです。
大学の名前こそ知っている方も多いでしょうが、慶應義塾大学薬学部は、偏差値67というハイレベルな大学。
リッチについても申し分なく、都会で薬学系大学といえば慶應義塾大学の右に出る大学はありません。