1. >
  2. 漫画紹介

かくかくしかじかとは

かくかくしかじかは、東村アキコによる自伝的な漫画です。
作者の東村アキコはアニメ化された海月姫や、ドラマ化された東京タラレバ娘などの有名作品を次々と発表している人気漫画家で、このかくかくしかじかもこの漫画がすごい!2015オンナ編で1位を取ったほか、第19回文化庁メディア芸術祭漫画部門大賞や第5回ananマンガ大賞の準大賞などを獲得しています。

かくかくしかじかは2012年から2015年まで、集英社のCocohanaで連載されていました。全5巻の単行本が発売されています。

かくかくしかじかのあらすじ

この作品は東村アキコの自伝的な作品で、主人公を始はじめ登場人物たちは実在の人物をモデルにしています。

宮崎県の女子高校生・林明子は幼いころから漫画が好きで、高校3年生のころ、美術大学に進学して漫画家デビューを目指すことにしました。同じく美大進学を目指す友人の誘いで「日高絵画教室」に通い始めます。
その教室の講師である日高先生のスパルタ指導で明子はこれまでの自信を打ち砕かれますが、先生の厳しくも優しい指導のもと、美大進学を目指していきます。

全国各地の美大を受験するものの不合格続きで、あきらめかけたところに金沢美術工芸大学の合格通知が届き、明子は金沢でひとり暮らしをすることに。大学ではバリバリ絵を描いて在学中に漫画家デビューすることが明子の夢でしたが、なかなか思うようにいかず思い悩んでしまいます。

その後も漫画家になるまでに明子には様々な悩みが生まれますが、日高先生との交流を通して明子は自分のやりたいことに気づいていきます。

芸大・美大志望者におすすめ

この作品は、芸大・美大への進学を目指している受験生にぜひ読んで欲しいと思っています。
私は美術系には詳しくないため、芸大・美大を目指している生徒にはなかなかアドバイスができないのですが、この作品には美大受験生、そして美大生ならではの悩みが詰まっていると思います。明子を指導してくれる日高先生はかなり厳しいなと思う場面は多々ありますが、その言葉はとても愛に満ちていて、受験生の背中を押してくれるのではないでしょうか。また、この作品は大学生活までではなく卒業後、漫画家としてデビューするまでの様子が書かれているので芸大・美大卒業後の進路を考える上でも参考になります。

自伝的な作品ということもあり現実でシリアスな話題も多いのですが、全体的にギャグやコメディ調の表現がバランスよく入っていて、おもしろく読み進められます。芸大・美大志望者だけでなく、受験勉強の息抜きにおすすめの作品です。

ハチミツとクローバーとは

ハチミツとクローバーは、羽海野チカによる漫画作品です。
それを原作として、テレビアニメや実写映画、テレビドラマなどが登場しています。
「ハチクロ」と略して呼ばれることもあります。

美術大学が舞台で、いわゆる「青春」のストーリー。
ハイテンションなエピソードもあれば、感動的なシーンもあります。
恋愛に不器用な大学生の恋模様や、自分の才能に迷う若者たちの姿が描かれています。

2000年から連載が始まり、単行本も1巻発売されたものの、休刊に伴って連載は移行されました。
おしゃれな学園コメディという内容でしたが、大人の女性向け恋愛要素を多めのストーリーに変更されました。

コミックスは、全10巻販売されています。
この作品は、過去に友達がいなかった作者の「こうだったらよかったのに」という妄想から生まれたそうです。

片想いの恋愛を描く一方、美術というモンスターに取りつかれている「はぐみ」をめぐる物語が同時並行であります。
2003年には講談社漫画賞少女部門を受賞し、テレビアニメは2005年に放送スタートしています。

ハチミツとクローバーのあらすじ

美術大学生の竹本は、同じアパートに暮らしている先輩らに囲まれて、大学生活を過ごしていました。
美大一の変人で問題児と言われている森田先輩に振り回されながら、時々大学に来なくなりしばらくたつと、わけのわからないお土産と大金を手に入れて戻ってくるという森田と過ごしています。

竹本は、ある日桜の木の下で見知らぬ少女と出会い、一目惚れします。
その少女は、「はぐみ」です。
人見知りが激しく、口数も少ないはぐみですが、彼女が作りだす作品は見る人を引き寄せる才能に満ち溢れていました。

はぐみや森田、主人公である竹本、そして親友である花本。
様々な登場人物が出てきますが、それぞれの成長、そして葛藤、片思いの恋愛模様など。
どうにもならない歯がゆさが残る、大学生のラブストーリーです。

動物のお医者さんについて

動物のお医者さんは、佐々木倫子による少女漫画です。
1987年から1993年に、「花とゆめ」という月刊誌で連載していました。

2000万部以上もの売り上げを記録したヒット商品で、2003年にはテレビドラマ化されています。
内容は、札幌市にあるH大学獣医学部を舞台に、獣医師を目指す学生たちの日常をコメディタッチに描いています。

実は、主人公が飼っているシベリアンハスキーのチョビは、当時、シベリアンハスキーブームを引き起こすという社会現象を起こしています。
また、同様に作品に出てくる大学のモデルとなった北海道大学獣医学部の志望者数は、跳ね上がるという現象も起こしています。

動物のセリフとして、ふきだしなしの文章が聯たリングされてコマ内に書かれるという演出があります。
これは、テレビドラマ版でも活用されています。

動物のお医者さんのあらすじ

H大学獣医学部にある解剖学教室から物語は始まります。
主人公は、高校3年生、大学にこっそり忍び込み、これから実験に使われるであろうシベリアンハスキーと出会います。

主人公は、H大学の教授から「獣医になるだろう」と予言されて、シベリアンハスキーを押しつけられます。
そこから、主人公は本当にH大学の獣医学部に入学し、物語はスタートします。

主人公と親友、そして教授、ペットのハスキー「チョビ」
物語は、この登場人物たちを中心に流れていきます。
獣医師を目指す大学生の学生生活を描いた、感動あり笑いありの物語です。

動物のお医者さんを読んで

実は、先ほどもお話たように「動物のお医者さん」を読んで、獣医師になろうと思った学生は多く、北海道大学では死亡者がかなり多くなりました。
今でもその影響は変わらず、この漫画によって生まれた獣医師は数多くいます。

動物たちは人間の言葉を話すわけがありません。
話をさせてしまうと、それは漫画と現実とがかけ離れてしまいます。

そこを、「動物たちのお医者さん」では上手くセリフを出して、面白おかしく仕上げられています。
普通に吹き出しを付けて動物が話すと本当に話をしているみたいですが、明朝体でレンタリングされているだけなので、まさに「今動物たちはこうやって思っているのだろうな」と想像できるところが、可愛いのです。

動物たちのお医者さんは、「携帯電話のない時代」の漫画作品です。
だからこそ、こういった社会現象まで巻き起こしたのでしょうね。

げんしけんの紹介

げんしけんとは、木尾士目による漫画作品です。
2005年に講談社漫画賞並びに文化庁メディア芸術祭にノミネートされています。

げんしけんとは、「オタク文化」の一環である、アニメや漫画、ゲームを総合して発足した大学サークルの「現代視覚文化研究会」の略称です。
「現視研」というわけですね。

マンガやアニメ、ライトノベル、イラスト、ゲームプラモデル、コスプレやサブカルチャーなどが取り上げられており、一般向け、男性向け女性向けなど多様に渡り描かれています。
物語はサークルを中心に展開していきます。

サークル以外の人間関係や講義などの風景の描写はかなり少ない漫画です。
連載当初は、オタク学生の活動を通じて、コメディータッチに描かれていました。
後からコメディタッチを消しつつ恋愛や心理描写へとシフトした青春模様を描く漫画となっています。

作品のモチーフは、作者の出身校である筑波大学にあるサークル、「現代視覚文化研究会」です。
作品タイトルと同じ名前のサークルは、筑波大学に実在しています。

キャンパスの外観は中央大学をモデルに書かれており、取材協力欄には中央大学広報課と書かれています。
月間アフタヌーンで、2002年から2006年まで連載されていました。
4年間の大学生活を、約1ヵ月単位で描いています。

げんしけんのあらすじ

オタク文化の垣根を超えるべく誕生した、総合的サークルも今や、活動目標や存在価値を失って、ただのオタクのたまり場と化してしまいました。
新入生のオタクである笹原は、ある種のサークルの入ろうと意気込み、げんしけんを見学します。

そこではユニークな「歓迎」を受けて、いったん距離をおくものの、新会員と交友を経て入会。
サークル内で、着々と成長を遂げていきます。

コスプレイヤーやコス職人、漫画家やコミフェスに参加するなど。
オタク活動を進めていく中で面白可笑しく大学サークルの生活が描かれています。

もやしもんとは

PAK85_syojisaretakomugiko20141103210611-thumb-815xauto-17733
もやしもんは、石川博之によって書かれている日本の漫画作品です。
2004年から、青年漫画誌「イブニング」で連載が始まり、2013年10号まで連載されていました。
月間モーニングTwoに移籍して、2014年3月号まで連載されています。

肉眼で菌を見ることができる主人公を中心に、菌やウイルスに関わる農業大が鵜の学生生活を描いています。
2007年10月からはテレビアニメが放送され、実写ドラマ化もされています。
2012年には「もやしもんリターンズ」が登場し、アニメの続編として放送されていましたが、DVDとなって販売されています。
参考:http://kamosuzo2.tv/

作者によれば、「農大で菌やウイルスと少しばかり人間が右往左往する物語」だそうです。
東京にあるとされている某有名大学は、どの大学を元にイメージされたのかは具体的にはわかりません。

なお、「菌が見える」と言いますが、菌はデフォルメされたキャラクターとして描かれています。
いわば、可愛いキャラクターです。

作中では、菌が話しをします。
「繁殖する」ことを意味するセリフ、「かもす」は、作品のシンボル的フレーズとなっています。

登場している菌類がデザインされているTシャツや、ぬいぐるみ、フィギュアなどのグッズも販売されています。
連載時のタイトルは「農大物語」でしたが、2話「もやしもん」となっています。

作中に入っている脚注は、基本的に菌に関しての記述は作者、それ以外を担当さんが担当しています。
単行本では脚注の他にも、扉ページのアオリ、毎回の登場人物紹介欄も、雑誌掲載時と同じような形で収録しているという珍しいスタイルが取られています。

もやしもんのあらすじ

主な舞台は、東京にある農業大学です。
北海道には別キャンパスがあり、沖縄には実験農場があり、規模はかなり大きな農業大学かと思われます。
主人公である沢木は、菌やウイルスを直視することができて、会話もできると言う不思議な力を持っています。

幼馴染と共に、農業大学へ入学して、ゼミの先生とゼミ生と共に、菌やウイルスにかかわる様々な騒動に巻き込まれていきます。
農業大学でコミカルな日常が描かれており、まさに農業大学に通う生徒にとっては、とても興味深い話である「菌と対話ができる」というユニークな発想のファンタジーとなっています。